エアバッグ車「i SAVE」を開発した升島努さん




夢の扉プラス、今回は、『エアバッグ車』の開発に邁進する、広島大学総合研究科教授・升島努氏を取り上げています。


升島教授の専門は、細胞分析など生命のメカニズムを解明する『生命解析科学』で、この分野の世界的権威ですが、今取り組んでいるのは全く畑違いの『エアバッグ車』です。


『エアバッグ車』は、車のボディをエアバッグにした全く新しい電気自動車です。


今の自動車は大体エアバッグは標準装備され、なかにはサイドエアバッグも装備されているものもありますが、それは車体の内部に装備され、車に乗っている運転者や同乗者を守るためのものですね。



『エアバッグ車』のエアバッグは車の外側、ボディに装備されているもので、車内の人間はもちろん通行人も守るような構造になっているかなりユニークな電気自動車です。



升島教授がなぜ畑違いの車の開発をしているかというと、自分が自動車で走行中にあやうく子どもをひいてしまいそうになったことが発端です。


自動車事故の被害者やその家族の悲しみを無くすため、そして運転者自身も加害者にしないために、自己資金で『エアバッグ車』開発を開始します。



エアバッグ車開発の鍵は空気弁にあります。エアバックは衝撃によって膨らんだあとに空気が抜けなければいけません。

空気が抜けなければ衝撃を直接受けることになってしまいます。



衝突の際に空気を抜くという大事な役割を行うのが空気弁です。


エアバッグ車の目標価格は79万円。升島教授はコスト削減の為にその空気弁をホームセンターで買った水道管の部品を改造して制作。



また、織物メーカーやテント生地メーカーなどのプロに協力依頼し出来上がったのが、人を守るという意味のエアバッグ車「i SAVE」。


「i SAVE」は、ボンネット部位分だけではなくバック部分もエアバックを取り付け、エアバックで車のボディが包み込まれているような感じの車です。


広島運輸支局でナンバーを取得、最大時速60キロの「i SAVE」が一般道を走ります。



そして、驚くことに「i SAVE」の購入者が現れました。

病気の後遺症のため手が少し不自由になったので、事故を起こす危険を考えて運転をあきらめていたという人が、自分はもちろん歩行者も傷つけない車だというので運転を決意。

「i SAVE」を楽しそうに運転する姿が印象的でした。



自動車を運転中に事故を起こす危険性は誰にでもあります。運転者全員がいつ被害者になっても又加害者になってもおかしくありません。


そんな車の危険性を無くした理想の車「i SAVE」、今後も改良を重ねより高機能になれば広まっていく可能性は充分にありますね。


Powered by さくらのブログ
Web Analytics